ComiHQ のチェックリスト共有機能を公開しました

| | コミケ, 共同購入支援システム | , ,

ComiHQ のチェックリスト共有機能をクローズドβユーザーに公開しました。

ComiHQ クローズドβのユーザは本機能を利用することにより、てグループ内でチェックリストを共有しながらサークルチェックを行えます。
また、ComiHQで作成した購入計画も同機能により共有されるため、購入計画書配布の手間も省けます。

利用方法については、チェックリスト共有機能 利用方法 をご確認ください。

ComiHQ クローズドβテストを開始しました。

| | コミケ, 共同購入支援システム |

大変長らくお待たせいたしました。
ComiHQ のクローズドβテストを、12月27日に開始しました。

ComiHQ のWebサイトから ComiHQ Web のページを開き、ユーザ登録を行ってください。

質問やバグ報告、機能要望などについてはスタジオ大破のtwitterアカウントにリプライとしてお寄せください。

ComiHQ クローズドβテスト開始延期のお知らせ

| | コミケ, 共同購入支援システム | ,

今月(2015年9月)に開始を予定していた同人イベント共同購入支援システム ComiHQ のクローズドβテストですが、開発者の多忙などにより開発が遅れているため、テストの開始を延期いたします。
お待ちいただいていた方にはご不便をおかけしますことをお詫び申し上げます。

新たなテスト開始予定ですが、11月上旬といたします。
現状どれほど開発に時間を割けるかが不透明なため、正確な日付のアナウンスができませんことをお許しください。

今後のアナウンスなども、引き続きスタジオ大破のWebサイトTwitterアカウント、及び当ブログなどで行いますので、適宜ご確認ください。
ご期待いただいている中お待たせしてしまい恐縮ですが、開発の進捗を今暫く見守っていただければ幸いです。

P.S.
開発途中のものですが、公開予定のComiHQ Webのスクリーンショットを参考に掲載いたします。
comihqweb

コミックマーケット88 当選しました

| | コミケ, 共同購入支援システム | , ,

eyecatch
コミックマーケット88に当選しました。
スペースは3日目(日曜日) 東P27aです。
Webカタログのページはこちらです。

詳細は未定ですが、スタジオ大破で開発している同人イベント共同購入支援システム ComiHQ の何かになる予定です。
詳細など決定しましたらスタジオ大破Webサイトに特設ページを用意しますので、しばしお待ちを!

艦ぶらたいまーProxyを別のPCで利用する

| | 艦これ, 艦ぶら | ,

要望があったので 艦ぶらたいまーProxy を、艦これを動作させているのとは別のPC上で動作させる方法を紹介します。

  1. タブレットやラップトップでプレイしてるときに少しでも負担を軽減したいとき
  2. 複数PCで艦これをやるけど、毎回艦ぶらたいまーProxyを起動するのが面倒なとき

なんかに便利かなと思います。

イメージはだいたいこんな感じです。
概要

続きを読む

艦ぶらたいまーProxyを再公開しました。

| | 艦これ, 艦ぶら | ,

ss

2014年7月1日、艦ぶらと同時に公開を停止していました「艦ぶらたいまーProxy」を再公開しました。

Androidアプリ「艦ぶらたいまー」へ艦これの遠征・入渠・建造のタイマー情報を送信するWindows用アプリケーションで、プロキシとして動作するため様々なWebブラウザ・艦これ専ブラと合わせて使うことができます。

ダウンロードや詳細などは以下の専用ページからどうぞ。
艦ぶらたいまーProxy

続きを読む

表示方向変更プラグイン for 提督業も忙しい!をリリースしました

| | 艦これ | ,

全体

表示方向変更プラグイン for 提督業も忙しい!をリリースしました。

提督業も忙しい!の情報表示場所を左右上下、好きな場所に変更できます。
設定は保存されるので、起動するたびに表示方向を設定する必要はありません!

ダウンロードはこちらからどうぞ。

ウィンドウを画面端にスナップさせるビヘイビア

| | WPF, プログラミング | ,

WPFアプリケーションを作ってて「ウィンドウがモニタの端にスナップ(吸い付くように自動で移動)してほしい!」っていうあなた!
そんな簡単に時に使えるビヘイビアです。

スナップ距離やスナップ有効・無効の設定のバインディングもできます。
あとモニタの表示倍率が100%でないときでも動作します(たぶん)。

WPFなのにSystem.Windows.Forms.dllとSystem.Drawing.dllを参照する必要がありなんだか負けた気がしますが、気にしないでいきましょう。

使う時はこんな感じです。

実際に使う時はPresentationSourceの取得に失敗したりするかもしれないので、エラー処理は忘れずに。